topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年・お世話になった2日間 - 2013.02.17 Sun


この2日間は、いろいろな人にお世話になった。
そんな釣行のお話し(笑)。


-------------------------------------
2013年2月15日
場所:滝壺再来
天候:晴れ 時々 曇り(-12~-2℃くらい)
-------------------------------------

このところの連続ボを気の毒に思った、
あたしの釣り仲間が声をかけてくれた。

持つべきものは、仲間である。

で、連れていってくれたのが、
前回、お魚さんが釣れた滝壺。



前回は、滝壺までの道が除雪されていたため、
割と近くまで車で行けたのだが、今回は、
全く除雪がされていない、ということで、
片道30~40分歩いて現地入り。

この日は風もなく、穏やかだったが、
気温が低かったため、滝壺では、
フォーセップなどがしばれまくり。
髪も知らないうちに凍っていた。

しかも。

お魚さんの出も、前回に比べ渋い。
全然、出ないのである。

それでも。

口は悪いが心は優しいお仲間が(笑)、
あたしに先に竿を入れさせてくれたおかげで、
ちょっとかわいいサイズだけれど、
ニジマス男さんに会えた。


(撮影:my先輩)

このところ、ず~っとボ、ボ、ボ、
だったあたしにとっては、貴重な1匹。

ほんとは、釣った、というより、
釣れていた、が正しいんだけど、
いいことにしてもらった(笑)。

この後、もう一本別の川に寄ったが、
結局、そこではお魚さんに会えなかった。

それでも。

心優しいお仲間のおかげで、
連続ボを回避できたことに、感謝感謝。
次は、もっと釣れるように、

頑張るぞ!


<釣ったフライ>
・ニンフ



-------------------------------------
2013年2月16日
場所:WRCの渓
天候:晴れ & 曇り & 雪(-?℃)
-------------------------------------

あたしとうちの相方は、
これまで結構長い間、しかも結構な量、
いろんな釣りブログを見てきた。
釣りブログ好きな方なら、
知っている人も多いと思うんだけど、
この日は、ななななななんんと!

シェルパのGさんと、Bianchiさんの、
お二方と一緒に釣行。

こんなふうに一緒に川へ行く日が来るなど、
誰が思うだろうか?(笑)
てか、思ってもみなかった。
うちの相方は、いいないいなと、
羨ましがっていた。
だよね(笑)。

で。

この日は、通称WRCという川へ。


(撮影:シェルパさん)

あたしは前日の釣行で少し筋肉痛だったが、
歩くに問題はない程度だった。

がしかし。

何よりの問題は、フライロッドが振れない、
ということだった。
あっちこっち引っかかるうえに、
ビーズヘッドや重りが言うことを聞かない。
アウトリガーをしようにも、
上の枝、周りの木、沈んだ倒木などで、
ど~もうまくいかないのである。


(撮影:シェルパさん)

そんな中。

シェルパのGさんとBianchiさんは、
順調に釣果を上げていく。
あたしは、もちろんボボボボボ。

そんなとき。

シェルパさんが手竿を貸してくれた。
そして、川へ入れてみると…。


(撮影:Bianchiさん)

なんということでしょー!
魚が釣れるではありませんか…。

すごいな、実弾!(笑)

実は、ニンフでも1度あたりがあり、
魚が追いかけてくるのも見えた、
ということがあった。
でも、それはホントにわずか。
実弾の足元にも及ばないのである。

結局。

フライではボだったんだけど(笑)、
手竿を借りたおかげで、
2匹のニジマス男さんに出会えた。

脱渓するころには、
足がフラフラになってしまったが(笑;)、
今回の釣行は、学び多く、楽しい時間だった。
カルチャーショックもあったけどね(笑)。

シェルパのGさん、Bianchiさん、
本当にありがとうございました!

釣りの技量はありませんが、
やる気はあるつもりなので(笑)、
これに懲りずに、またご一緒させてください!


<使ったフライ>
・ニンフ(ビーズ有り無し両方)
・グローバグ

<釣ったのは…>
・実弾(虫さん)



以上、お世話になりまくりの釣行に、
感謝感謝の2日間の日記でした。

ちなみに。

今日は、太ももの筋肉痛がひどくて、
ふつーの生活がままなりませーん(笑)。

体重増加と体力増強が目下最大の課題だなぁ…。

   
スポンサーサイト

2013年・撃沈の連休 - 2013.02.11 Mon

-------------------------------------
2013年2月10日・11日
場所:胆振の渓
天候:晴れ 時々 曇り(-5~0℃くらい)
-------------------------------------

この日曜日は、相方と釣り。
日高にするか、胆振にするか、
地元にするか等々迷いつつ、
結局、胆振で釣りをすることに。

午前中は、偵察を兼ね、初めての川へ。



しかし、初めての川は、勝手がわからん(笑)。
一応、入渓し、竿を入れてはみたものの、
全く無反応(笑)。
しかも、川が細くて、アウトリガーでも、
油断すると、あっちこっちにひっかかる。

ということで。

午後は、40オーバーのニジを釣った!
という人と出会った川へ(笑)。
何度も行っているが、あたしはまだ、
この川で釣っていないのだ(泣)。



ん~、いい感じの場所はあったが、
しっかし、釣れん。



この橋の下は、ニジマスではなく、
去年の夏に、山女魚を釣ったところ。
しかし、この日はここも無反応。

結局、このあと、もう1カ所やったが、
ボ、だったので、諦めて帰宅した。

そして、本日。

行く予定はなかったが、相方が行く、
というので、ご同行。
というか、相方が行くのに、あたしだけ、
おうちでお留守番なんて、

ありえない。

ということで、向かったのは近郊の川。
最初、入ろうと思ったところには、
お客さんがいたので、場所を移動した。

もうすでに、ロッドをふっているだけで、
いいんだも~ん的な雰囲気になりつつあったところに、
相方がやってきて、

「魚、いたわ~」

という報告。
いたわ~、はいいけど、釣れてないあたり、
2人してイケてない(笑)。

そんなこんなで。

寒くなってきたので、最初の川に戻り、
少しだけやってみることに。
がしかし、なかなか厳しいもので、
結局破局……以下省略(笑)。



そ~ゆ~わけで。

昨日、今日と二日間も行ったのに、
相方も、あたしも、ボ!!!!

撃沈!

まさに、この言葉が相応しい、
そんな連休だった(笑)。



今年から始めた冬の釣り。
ほんと、冬はわからんよ~(笑)。

お魚さんは、どこだ!?

というよりも、腕の問題なんだな、きっと。
精進せよ、ということだと思い、
また今週末、釣りに行って参ります(笑)。


<使ったフライ>
・ニンフ(ビーズヘッド)

2013年・ライズした日 - 2013.01.31 Thu

-------------------------------------
2013年1月31日
場所:
天候:晴れ 時々 曇り(0~3℃くらい)
-------------------------------------

今日は釣りに行く!

と、数日前から決めていた。
なぜなら、気温が高いから。
当初の予報では、最高気温が+4℃だった。
しかし、昨晩の予報では、+2℃になっていた。
それでも、プラスなだけいい。

ということで。

今回は市内の川にお出かけ。
2本の川で竿を振った。

今日は天気もいいし、気温も高い、
ということで、ダメ元でドライをつける。

がしかし。

予想通り、無反応。
ニンフに切り替え、ルースニングするも、
残念ながら、あたりすらない。

場所を移動して、再びルースニング。
しかし、またまた無反応。
気温が高いから、もう少し反応があると、
期待していたのだけれど、腕なんだなァ…。
と思っていたら。

ななななんんと!

魚がライズした。
しかも、ばしゃ!っと。
決して、ちっちゃくはない。
その瞬間、あたしのテンションは、

急上昇。

大至急、ドライに変更。
場所をかえ、フライをかえ、トライした。
が、結局、お魚さんは出なかった。

地元

しかし、こんな時期に、ライズするんだねぇ。
お魚さんの背びれを見れただけでも、
良かったと思うことにした。

次回こそは、キミとご対面するぞ!

と負け犬の遠吠えよろしく、
17時に脱渓した。

それにしても、ライズはいい。
ドライで普通に出る時期が、
待ち遠しい1月最終日だった。



<使ったフライ>
・ニンフ
・ドライ(汗)

2013年・冷たい日 - 2013.01.27 Sun

-------------------------------------
2013年1月27日
場所:雪の少ない胆振地方の川
天候:晴れ 時々 雪(-3℃くらい?)
-------------------------------------

シャワーが壊れ、朝からホームセンターへ。
新しい混合栓を購入し、付け替えた。
と言っても、あたしではなく、
相方なんだけど(笑)。

で。

それが終わったのが14時近く。
相方を少々せかし、向かった先は、
雪の少ない胆振地方の川。

まずは、夏に小さいヤマメを釣った川の、
ちょっと上流へと入ってみる。

雪の少ない胆振地方

がしかし。
全く反応がない。
少し粘ってみたが、はやりダメ。
時間もないので、次の場所へと移動した。

雪の少ない胆振地方

ここも、夏に小さいヤマメを釣ったところ。
てか、小さいヤマメばっかりじゃん(笑)。

雪の少ない胆振地方

時間を惜しみつつも、
少しずつ、釣り上がる。

そして。

いい感じのポイントを発見。
ここは慎重に、と、ロールキャストをしたら、
ニンフが沈んでいる木に引っかかってしまった。

は~、ひとつポイントをつぶしたな。

そう思いながら、フライを外そうと、
川に入った瞬間だった。

足がズルっと滑った。

滑った場所がこれまた運悪く、
超ぬかるみだった。
そして、あたしはそのまま川に、

じゃぽ~ん!

と水没…。
浅い所とはいえ、ウェーダーに水が…。

つめた~~~~い!

長靴の中に水が入ったように、
足元はぐちょぐちょになり、
おまけに、お尻も冷たくなってしまった。
このまま続行するのは困難と判断し、
ポイントを目の前に、そのまま脱渓。

車に戻って、大至急ウェーダーを脱ぎ、
中に入った水を排出。

こけた後

せっかくのお休みなのに、
相方には、申し訳ないことをした。

それにしても。

魚の反応も、あたしの体も、
冷たい日だった。

次は、絶対こけないぞ!



<使ったフライ>
・ニンフ

2012年・春のニジマスの渓(回想) - 2012.09.15 Sat

-------------------------------------
2011年4月下旬
場所:雪がとけないニジマスの渓
天候:曇り
-------------------------------------

今年は、釣りに行きたい。
そういう思いが強すぎて、こんな雪の中、釣りへ。
アホすぎる。



時期的には釣れないこともないのかもしれないけど、
この川は、ニジマスのいる場所といない場所の差が激しい、
と言われていて、場所の選定が難しいらしい。



全く釣れなくても、それでも釣りに行ってしまう。
そろそろ廃人の域に突入の予感の4月下旬。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

三子

Author:三子

支笏湖とその界隈の川で釣りした日々の備忘録。中年女の釣り日記ですが、どうぞよろしく。

カレンダー

最近の記事+コメント

月別アーカイブ

02  01  12  09 

カテゴリ

ホーム (1)
道南 (8)
道央 (3)
道東 (1)
道具 (0)
道北 (2)
番外編 (0)
雑記 (1)
tying & fly (0)
ブログ&管理人 (1)

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

読んでいるブログ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。